· 

JALとANA

こんにちは!
お元気にお過ごしでしょうか?



まもなく面接が始まりますね。

それに合わせて面接について、JALとANAに分けて特徴を少しお話したいと思います。




皆さんはどのような違いを感じていらっしゃいますか?


私は就職活動を通して、感じた違いがあります。

JALは「素直さ」
ANAは「一筋さ」


が大事だと感じました。


わたしの周りでも、ANAに入る人って、本当にANAが好き!って子が多いんですよね。

なので、面接でもANA愛が溢れ出てしまう。

言い換えれば素直さにも直結するのかもしれませんが、ANA愛が溢れてそれを論理的に説明できる人。そんな人が多かったイメージです。




JALは素直さ、と書きましたが「嘘をつかず、いい格好をせず、ありのままの自分でいる人」が多かったというイメージです。


たとえば面接では予測もできないことを聞かれることがあります。

もちろん、知らないことを聞かれることだってあると思います。


その時に知らないことを「知らない」と言える人。

もちろん言い方はかんがえなくてはいけませんが、
しらないことはしらない、わからないことはわからない、なんと言えばいいかわからないことは正直に考える。

そういう人を好むイメージを受けました。


ぜひ、参考までに。



何度もお伝えしていますが、面接官が聞きたいのはあなたが丸暗記してきたセリフではありません。

あなたが感じた、あなたが思った、あなたの本当の気持ちが聞きたいのです。

そしてその言葉こそが面接官にはしっかり伝わります。




自分に素直に。
ANAにしろJALにしろ、大好きなんですって気持ちは皆さんあると思います。
その気持ちを素直に伝えてきてください。


皆さんにとって6月という1ヶ月がこの先の人生で大きなターニングポイントとなることと存じます。


疲れも出てくる頃ですね。

しかし、1ヶ月後、内定の電話を受けるその日がきっと皆さんにとって大きな喜びを感じる日になるはずです。

私も今のところあれ以上の喜びを感じたことはありません(笑)



なので体には気をつけながら、ラストスパート頑張ってください。




では。