· 

一次面接

こんにちは。
いよいよ、5月も後半に差し掛かりエントリーシートの結果などが出て、次のステップへ行く方はまもなく「一次面接」がやってきますね!




とても緊張することと思います。


私が経験した中で感じた話をしたいと思います。




私が就職活動をしていた時、一次面接で大切なことは
「雰囲気」だと感じました。


グループ面接を行うことが多い一次面接ですが、決して周りの受験生は敵ではありません。
かといって味方でもありません。(笑)



とにかく皆さんがCA受験の一次面接でしなければいけないことは、「あ、この人いいな」「なんか面白いな」「空気が明るくなるな」といった、


「なんだかいい感じの人」と思わせることです。




JALもANAも私が受けた時はあまり大切な話やお堅い話は聞かれませんでしたし、話すこともありませんでした。


私はあまりに緊張してしまい、お笑い芸人気質が先走ってしまい、不覚にもボケてしまいました(笑)

しっかり面接官の方も笑ってくださいました(笑)





けどいま思えばあの瞬間にパッと空気が軽くなり明るくなった気もします。


決して、ボケろと言っているのではありません。(笑)
真面目に話して空気を明るくできるのがいちばんです(笑)




けれど決して真面目な話ばかりが必要かと言われれば一次面接、特にCAという職業においては、答えはNOなのです。




面接官を笑わせてみよう、
周りの空気を明るくしよう、

そんな気持ちで受けることも大切かもしれません。




初めの第一印象。これが大切です。





頭の片隅に覚えていてください。

暗いCAなんてあまり見たことないですよね。
いるだけで華やかになるような、パッとした笑顔や物腰、話し方、雰囲気、空気感。

こういった「なんとなく素敵」と思わせる部分を磨いてみてくださいね。







それでは今日はこの辺で失礼致します。







よろしくお願いします。