· 

会社の方向性と自分の方向性

こんにちは。
エントリーシートの締切もだいぶ落ち着きましたでしょうか?
Webテストなどもどんどん始まっていることと存じます。

いよいよという感じですね!





さて、今日は会社と自分が合う、合わない、という話をしたいと思います。



先日ある後輩に聞かれました。

「外資の航空会社のほうが緩くて楽しそうなイメージですけど、行きたいと思わないんですか?」



全く魅力を感じない

といえば嘘です。
たしかに日系と比べ、外資の航空会社は外資らしい独特のフランクさ、フレンドリーさ、楽しさがあります。

日系の「お堅い空気感」に疲れる時ももちろんありますし、入社したての頃は特にでした。


外資の友達を見て、いいなぁ、と思うことも少なくはありません。



けれど、いざ、その会社に絶対受かるとしたら受けるか?と聞かれたら、答えはNOです。



理由はいくつかありますが、前提として私は日本に住みたいということ、今の会社が大好きだということ、

そして何より私は「お客様に日本のサービス、おもてなしを提供したくてCAになった」ということ、です。




外資っていい意味で適当、いい意味で適度なサービス、というところが多いと感じます。

もちろん、サービスに力を入れている会社もあります。



しかし、私がしたかったのは「日本のおもてなしで世界中の人を幸せにする」ということです。




それが外資で出来るのか、外資の航空会社でその考えは通用するのか。


そう考えた時に「やっぱり今の会社だ」となるわけです。






別の後輩(既卒で今の会社に入社してきた)はこう言っていました。

以前働いていた会社はサービスは二の次で、スピードを何より大切にする方針だったと。

その時自分がやりたかったことと会社の方針がずれていることに気づき、どんどん毎日の出勤が苦痛に感じたと言っていました。






やはり、第1志望を決める時、入社する会社を決める時、大切にして欲しいのは自分と会社の方向性が合っているか。
自分が大切にしていることをその会社も大切にしているか。



これを頭において選ぶといいですね。







それでは、また。